『いいこと発表会』ま~副会長による日常の普通の日記。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子ぎつねヘレン。
2006年09月07日 (木) | 編集 |
今日はお天気のようでな一日。

バイトお休みなので今日は帰ってDVD鑑賞するコトにしました

ま~ふくの今日観た
『子ぎつねヘレン』★★★★★
子ぎつねヘレン
北海道を舞台に、目と耳が不自由なキタキツネを育てる少年と家族の絆を描く感動の物語。

思いっきり泣くものが見たいと思って借りた一本です。
これ予告ですでに泣き頂いたんですよね^^;
皆で観ようと誘われたんですが、あり得ないほど泣くコトが分かっているのでお断りしました。。。
予告で泣いて・・・パッケージで泣いて・・・あらすじ読んで泣いて・・・見る前から泣きまくりです。
何がそんなに悲しいのでしょう?結末を知っているから?

結構コミカルなところがあって、どっかで見たコトあるような犬が出て来てすり足する姿が面白かったり、なぜか魔女が出て来たり、転校してきた主人公が徐々に友達と打ち解けていくとか・・・見所がかなりあります。
しかしやっぱり、ヘレンとサリバン君(主人公)が心通わせるとこですねぇ。
鳴くコトができなかったへレンが一生懸命サリバン君を呼ぶ鳴き声に心打たれまくりです。。。
最後の言葉にもグッときましたね~。
やっぱり号泣でした(ToT)
観た後も引きずりまくりで私の後、母が観てたんですがそれをちょこっと覗き見てまた泣かせてもらいました。。。
エンディングで流れてくるレミオロメンの曲もいいんですよねぇ
泣いてすっきりしたい人におススメの一本です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
泣きたい!すっきりしたい!
原作を読んで泣きました。実話ですよね。本当は獣医さん夫婦のお話。おそらく映画はもっと涙をそそるように作り上げているのだろうと思います。
動物は生きていくことが当たり前。生き抜こうとすることが当たり前なのにどうして人間はそんな風に思えないのだろう・・・。としみじみ感じる本でした。私も映画を見て泣かせてもらおうかな・・・。
2006/09/08(Fri) 10:01 | URL  | 桜 #-[ 編集]
副カイチョの
プログを読んだだけでも、ちびっと涙がでちゃった。
以前、甥と盲導犬クイールを映画館で見たとき、顔が凄いことになったことがあります。
だからこの映画は観るのを止めました。

> 動物は生きていくことが当たり前。生き抜こうとすることが当たり前なのにどうして人間はそんな風に思えないのだろう・・・。

動物には死ぬという概念がないけれど、人間にはあるからかなぁ・・・
2006/09/08(Fri) 14:26 | URL  | おぺちゃ #-[ 編集]
ありがとです(^o^)丿
桜さん☆
はい!実話だそうですね!
原作はまだ読んでいませんが、誰もが?絶対涙を流すように作られています。。。涙なしではみれないかも・・・^^;
ぜひ泣かされて見てくださいm(__)m

おぺちゃさん☆
どんな風な顔になったのかしら?
私も動物ものはどうしても泣いちゃいますから極力観るのは避けていたんですが・・・なぜか手に取って観てしまいました。。。
きっと、ヘレンに恋しっちゃったからなんでしょうね^^;
だからその分、それ以上に泣いちゃいましたけど。
2006/09/09(Sat) 00:29 | URL  | ま~。 #-[ 編集]
やばいですね
これは泣きそうですね。
私も動物物は泣いちゃうので、見ないようにしているのですが、ここまで書かれちゃ見るしかないですね。
さっそく行くか・・・
2006/09/10(Sun) 13:55 | URL  | タツオ #-[ 編集]
ありがとです(^o^)丿
タツオさん☆
泣きそうぢゃなくて号泣します!!!
覚悟決めて観て下さいね^^
2006/09/10(Sun) 23:57 | URL  | ま~。 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。